合宿免許のメリット・デメリット

合宿免許とは、一定の期間宿泊しながら免許を取得するための教習を集中的に受ける方法です。
AT限定なら2週間で終了でき、費用も通う場合よりも安く抑えることができます。


それだけでなく、施設までの交通費を負担してくれるところもあるようです。
合宿免許を取得できる施設は全国にあるため、場所によっては観光気分が味わえるのも合宿免許ならではです。免許と一緒に、スキューバダイビングのライセンスも一緒に取得できるところもあります。

もし失敗しても追加料金を払わずに何度もやり直しができる保証制度も整っているので、安心して教習を受けられます。
しかし一方で、まとまった休みが必要なことから、長期休み中の高校生や大学生に向いている方法です。

学生に比べて社会人の人が合宿免許を利用するのは難しいでしょう。

今、評判なのはこちらの合宿免許に有効なサイトです。

それに、延長する可能性の低い25歳までの年齢制限もかかっています。

自宅から遠いため道路事情が地元と違っていたり、教官が方言を使って教習をしていると何を言っているのかわからなかったりする場合もあります。



それらのメリットやデメリットを踏まえて合宿免許を利用したいなら、早めに相談し、予約しましょう。



夏休みや春休み前は特に早めに相談しておかないと、満員で予約ができないこともあります。

普通に通って教習を受ける場合よりも出会いが圧倒的に多いので、思い出に残る教習になります。


仲間と楽しみながらもしっかり教習に取り組み、免許を取得しましょう。