合宿免許のメリットとデメリット

合宿免許とは宿泊型で、短期間で集中して教習を受けるシステムです。

普通の通学での教習とは違い様々なメリットとデメリットが存在します。合宿免許の期間は2週間から長くても3週間程度であり、決められたプランによって日毎に教習を進めていきます。

通学での教習と違い短期間で卒業できるので、学生などで長期休みがある人にはとても向いています。

宿泊施設や食事の内容、時期によっても金額にバラつきがありますが、基本的に費用はとても安く設定されています。
交通費を支給してくれる教習所もあります。

本当に役に立つ合宿免許の情報も豊富で、検索サービスも豊富なサイトです。

また保証が充実しており、筆記や実技に自信がない方は保証プランに入ることで、追加教習の料金はかからずに済みます。

合宿教習所は全国各地にあるため、空いた時間に観光できる点も魅力的です。


土日は休みで自由時間のある教習所がほとんどなので、普段はいけない所に出かけてみたり、ちょっとした旅行気分を味わえます。いいとこづくしのように見える合宿免許ですが、デメリットもいくつかあります。



まずはまとまった時間が必要ということです。



既にバイトや予定が入っている場合、合宿免許を受けることは難しいです。

そして万が一追加教習になった場合には、宿泊代金が余分に必要になります。


平日は毎日教習のため体力的にきつかったり、寮生活が苦手な人には向いていないかもしれません。

まとまった休みに集中して免許を取りたい人には、合宿免許を検討する価値は十分にあります。